Email:cnfuruide@gmail.com河南省の友人金属製品有限公司

河南省の友人金属製品有限公司

春の鋼線の詳細な知識

スプリングスチールワイヤーの詳細な知識
持ち上げ、引っ張り、引っ張り及び持ち運びのために、複数の又は多本のワイヤストランドからなる柔軟なロープが材料ハンドリング機械に使用される。 高強度、軽量、春の鋼線はスムーズに動作し、急激に全体のルート、信頼性の高い、一般的に使用される大南ステンレス鋼を突然破損しやすい - 亜鉛メッキスプリング鋼線、ステンレス鋼スプリング鋼線のステンレス鋼ばね鋼工場生産。
スプリングスチールワイヤーを撚り合わせることにより、1巻、2巻、3巻に分けることができます
①シングルロープ:主にテンションケーブルの非動作に使用される壊れやすい摩耗しやすい反復曲げ、貧しい柔軟性、貧しい柔軟性で作られた金属コア周りの細い線の数によって。
②ダブルロープ:株式にひねられたワイヤーによって、そしてロープの周りのワイヤーがロープにひねられる。 一般的に使用されている芯金のコア、高温動作は適切なアスベストコアまたは金属コアにねじれた軟鋼線です。 油で覆われたロープの前にロープ、損傷によって引き起こされるワイヤ間の摩擦を減らすことができます。 ダブルロープは、最も簡単に製造することができます。
③ロープ周りの3つ:ロープを二重にし、ロープにねじれた二重撚りのロープ周り、柔軟な; より複雑なの製造は、ワイヤーが薄すぎる、着用しやすい、それはめったに使用されていません。 スプリングスチールワイヤー。 ワイヤは、ストランドのねじれと同じ方向にねじられる。 ワイヤーとバネとの接触は良好であり、柔軟性も良好であり、耐用年数は長いが、緩みを逆転させる傾向があり、自由端を持ち上げるための持ち上げロープとして使用すべきではない。 堅いガイドとして使用することができますロープやトラクションロープは、ラインが上がったとき。 ワイヤーはストランドにねじられ、ツイストはロープにねじ込まれます。 スプリングスチールワイヤーは、リフト操作に広く使用されている緩みにくいものではありません。
スプリングスチールワイヤは、ストック内の各ワイヤ間の接触状態によって3種類の接触、線接触または面接触に分割することもできる。
①スプリングスチールワイヤーとの接触点:ワイヤー内のワイヤーは同じ直径です。 ワイヤー力を均一にするために、螺旋角がほぼ等しくなった後の各層の撚りが撚りピッチの範囲であるため、内側と外側のワイヤーが交差する点接触状態であった。
②スプリングスチールワイヤーとのワイヤー接触:各層のストランドの撚り線が同じ距離に撚られ、内側と外側のワイヤーが螺旋状の線で接触し、ラインの接触状態。 ワイヤーコンタクトばね鋼線の性能は、点接触の性能よりはるかに優れているので、広く使用されている。
③密封ばね鋼線:ロープとの表面接触、鋼線Bで作られた外層、表面は滑らかで、良好な耐摩耗性であり、引張強さに比べて他の種類のばね鋼線と同じ直径であり、横方向の圧力を理解するが、柔軟性が悪い、プロセスはより複雑で、高い製造コスト、しばしばケーブルクレーンや空中ロープウェイケーブルなどの運搬ケーブルとして使用されます。
丸鋼株式に加えて、春の鋼の断面には、三角形の株式、楕円形の株式と平らな株式と他の特殊形状の株式があります。 ラウンドと比較すると、リールまたはプーリーのロープ溝の接触性能、長寿命、製造がより複雑になり、強度が高くなります。
冷間引抜と熱処理を繰り返した後、高品質の炭素鋼で作られた鋼線は、高強度を達成することができます。 湿ったまたは開いた環境と他の職場は、防錆性能を高めるために、春の鋼線にねじれた亜鉛メッキ鋼線にすることができます。
工業国の春の鋼線は、その直径、ロープ数、ストランド当たりの鋼の数、引張強さと適切な安全係数を選択する必要性に応じて、その仕様は関連マニュアルで見つけることができる標準的な製品です。 スプリングワイヤーの摩耗に加えて、スプリング鋼ワイヤーは、プーリーとリールの繰り返し曲げによって徐々に破壊されるので、プーリーまたはリールの直径とスプリング鋼ワイヤーの比は、スプリングスチールワイヤーの寿命を決定する。 比率は大きく、鋼の曲げ応力は小さく、長寿命ですが、ボディは巨大です。 適切な比率を決定する機会の使用に基づいている必要があります。 ばね鋼線の表面層の摩耗は、ターン数が規定値を超えた場合に廃棄されなければならない。