Email:cnfuruide@gmail.com河南省の友人金属製品有限公司

河南省の友人金属製品有限公司

ばね鋼線の表面処理

ばね鋼線の表面処理
通常の鋼線は、直接スプリングワイヤを製造することはできません、特殊な表面処理を持っている必要があります、引張強さ、圧縮強度、疲労抵抗、康摩擦、安定した性能、長寿命、
ばね線の表面処理
一般的に、抗物理的な摩耗と処理の2つの部分の化学的耐性、物理的な摩耗、摩耗、引張り、圧縮および他の特殊な特性を持つ特別な合金材料とスプリングワイヤ表面。 抗化学腐食処理、スプリング鋼線表面メッキステンレス鋼または亜鉛メッキおよび他の腐食防止処理は、スプリング鋼線を回避する化学腐食、その寿命に影響を与えます。
春の鋼線はまた、浴をリードする必要があり、その目的は、春の鋼線の化学的性質と安定性を向上させることです、鉛浴を通じてスプリングワイヤ表面は、化学特性の長期的な安定性を確保することができます。
スプリング鋼線の製造プロセスには、一般に、 "プレ酸洗" - "酸洗" - "二次酸洗" - 水レッド - "高温リン酸(中温リン酸) - "中和 "乾燥 -
一般的なリン酸塩の温度は100度をチェックしないでください摂氏。 スプリング鋼線の品質の影響は、主に3つの側面、原材料の選択は、高品質のワイヤを選択し、酸洗は場所にする必要があり、リン酸は、これらの3つの側面を行うには、基本はスプリングワイヤの品質を確保することができます。
デザインのスプリングワイヤーは、いくつかの要因を考慮する必要が、この記事は主にデザインのスプリングワイヤーについて話す側面を考慮する必要があります。
スプリングワイヤの直径
スプリングワイヤの直径の直径は、スプリングワイヤの他の側面に影響するので、必要に応じて適切な直径を選択し、一般的なスプリングスチールワイヤの直径が大きいほど、品質が高くなる。
ワークサイクル数
作業サイクルの数はまた、ばね鋼ワイヤ設計であり、重要な考慮事項であり、作業サイクルの数が多いほど、ばねワイヤ担持能力が大きくなり、そうでなければ反対であるため、ばねワイヤはばねを選択する成熟した能力に従ってワイヤーターン。
容積、重量、安定性および他の要因
スプリングスチールワイヤーの設計では、重量、過剰な安定性、信頼性、寿命など、体積、体積、エンジニアリング機械などの他の要素も考慮してください。